通信事業者の主な業務

通信事業者の業務や選び方を知るための情報サイト

>

通信事業者の業務内容を把握する

自社に通信設備を持っている

通信事業者(電気通信事業者)とは、電気通信サービスを提供する事業者のことをいいます。
主なサービスには、固定電話や携帯電話などの電気通信サービスがあり、その特徴から通信キャリア(キャリア)としても知られています。
また、携帯電話を専業とする事業者に対しては、携帯会社と呼ぶことが一般的です。

通信事業者には自社に通信設備を持つところがあり、NTTグループをはじめ、KDDIグループやソフトバンクグループは有名です。
それぞれの事業者では、さまざまなプランが展開されているため、ふだんから見聞きする機会も多いのではないでしょうか。

また、ほかの通信事業者に、通信設備の貸し出しのみを手掛けるところもあります。
近畿日本鉄道などの鉄道事業者や、ケイ・オプティコムなどの電力系通信事業者は代表的な存在です。

他社から通信設備を借りている

通信設備の貸し出しを行う事業者があることは、そこから通信設備を借りている事業者が存在することにもなります。
また、通信設備を持たない事業者は「届出電気通信事業者」とも呼ばれています。

他社から通信設備を借りているところとして、プロバイダ専業の事業者は代表的存在です。
プロバイダはインターネット接続事業者のことをいいます。
こちらではパソコンなどをインターネットにつなぐほか、セキュリティ対策などのサービスも提供しています。

なお、通信設備を保有しない事業者はほかにも存在します。
TBSテレビをはじめとする情報サービス会社や、ALSOKなどの警備会社は有名です。
また、付加価値通信網提供会社、国外向け携帯電話回線提供事業者など、いろいろな分野での事業展開がみられます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る