通信事業者の主な業務

通信事業者の業務や選び方を知るための情報サイト

>

通信事業者の主な業務とは!?選ぶときのポイントは?

通信事業者とは

インターネットが生活の一部として定着して久しくなります。
また、現代社会で生きるために、インターネットなしの生活は考えられないかもしれませんね。
しかし、「通信事業者」について改めて問われると、意外と答えられない人が多いのではないでしょうか。

通信事業者には、通信キャリア(キャリア)などの呼称も存在します。
こちらの代表的な役割として、インターネット接続に必要な物理的回線を提供することが挙げられます。
つまり、パソコンや携帯端末でインターネットを利用するためには、通信事業者の存在なくては成り立たないのです。

主な通信事業者として、NTT・KDDI・ソフトバンクの各グループが有名です。
また、電力会社系、ケーブルテレビ会社、モバイルルーター系などの通信事業者も注目されています。

プロバイダとは

通信環境を整えるには、通信事業者だけでなく、プロバイダとの契約も必要です。
実際、これらの言葉をセットで耳にする機会が多いですが、その違いを説明するのは難しいかもしれませんね。

通信事業者は回線事業者としての役割があります。
一方、プロバイダには接続事業者としての仕事があることを押えておきましょう。
また、インターネットの利用に際しては、通信事業者とプロバイダのどちらとも契約が必要です。

ダイヤルアップ方式時代のプロバイダは「従量課金制」がほとんどでしたが、現在は「定額制」のところが一般的です。
その背景には、プロバイダ数の増加や、ブロードバンド接続環境の普及が考えられます。

ちなみに、プロバイダの役目として、メールアドレスの提供はよく知られるところです。
また、ウイルスチェックソフトをはじめ、ホームページ・ブログスペースなど、サービスの充実もみられます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る